Read Comments

大事な工具

これはアルミなどの軟質の金属にあいているメスねじを再生する道具です。
上の折れてしまっている方が海外製のもの、下のが国内製です。IMG02435
同じ8ミリ穴を再生するサイズですが海外製のものと国内製のものだと全体の太さが違います。
一見太いほうが折れにくい様に見えますが実は逆で。太いほうが大きな力が入れやすいので折れやすく、しかも折れる部分がネジを切ってある部分になりやすいので折れた部分がネジ穴に残ってしまいます。
かたや国内製は海外製に比べて全体の作りが細くなっていて大きな力が入りにくいので折れにくく、ストレートの部分の方が細いのでもし折れたとしてもネジ穴の外で折れる確率が高いので折れた工具を外しやすいメリットが有ります。
もちろん材質にもよりますが、国内製は今のところ折れた事が有りません。
ちょっとした違いですが、そのちょっとした違いが作業に大きな差が生まれます。

Tags:
Categories 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です